FC2ブログ

WGP2019広島で撃墜王になったお話

どうも、ともです。



タイトルにもあるんですが、先日行われたWGP2019広島でディメンジョンポリスの撃墜王になる事が出来たので、

報告と振り返りを兼ねて記事にしようと思った次第です。

201912141757388c3.png




・前置き
・意識した点
・感想


で書いていきます。




・前置き

WGPの目標として、トリオファイトで入賞するという事だったのですが、3回戦目で2敗つけられてドロップしてしまいました。
(その時はグレートネイチャー使いました。)

ちょうど3戦目が終わった時にクラン撃墜王開始前15分前だったので、出てみるかーって軽い感じで鞄の中を見るとディメンジョンポリスのデッキが入っていたので使いました。(笑)

構築は公式サイトに載ってます。

👇こちらリンクになっております👇

https://cf-vanguard.com/deckrecipe/events/events-wgp2019_clanace_hirosima-police




・意識した点

G1、G2帯はとにかく数撃てば当たる戦法でなるべく早くG3になろうと思って、

かなりラフなプレイもしてました。

明らかに相手の上振れで勝ち筋がほとんどない場面とか、明確な不利対面とかは勝ちを譲ってすぐ次って感じでやってました。

G3帯からはしっかり勝ちにいくプレイ、かつ9戦出来る時間配分を気にしてました。

ちょうどG3帯4勝したくらいから撃墜王が見えてきたと思いより丁寧なプレイをしてました。

その時にまだ残り時間30分あったので20分、25分と長引いてももう1戦する時間があったので最後2戦勝ちを拾って12勝で終われば多分なれるだろうと思ってたので。

結果、最後2戦勝ちを拾えて良かった(^^)って感じです。



ここからはプレイのお話

基本的には以前記事に書いた、

「ディメンジョンポリスのお話 改訂版」とほとんど変わってません。

リンク貼っておきますね👇

http://orevanguard.blog.fc2.com/blog-entry-112.html?sp


ただアクセルクランが増えた今、ほんの少しですがプレイは変わりました。
(基本的な考え方は変わってません)

まず一番大事だと思うのは点の受け方です。

僕の構築だとG1、G2ターンでカウンターを使う場面が全くありません。

ですのでG3になるタイミングまで0点又は1点で抑えるプレイをしてました。

アクセルクランはゲームが伸びるにつれてだんだん抑えが効かなくなってくるので序盤で守れるところを最低限の枚数で守る事を重点してました。

点を止めたところで結局後からまとめて2点、3点貰う事になります。

また★をガン積みしてるアクセルクランはほとんどないため、点が1点ずつ入っていき、ダメトリ期待の点調整がかなりしやすいと思ってます。

フォースクランもG3になるまでは極力点は貰わないプランで進めてました。

基本はフォースでもアクセルでもプロテクトでも考え方は一緒です。

最低限の枚数で守りたいので引トリガーは完全のみの4枚、残りをヒールと★に降っています。


次に意識したのがダイブレイブのヒット時効果を上手く使うというところ。

僕はダイブレイブのヒット時効果は必ず使える自信があります。

というのもVがヒットするタイミングは限られています。

そこのタイミングでダイブレイブを使って札の確保、ソウル補填、ダイライナーからグレートスペリオルライドの流れに持っていきます。



・感想

撃墜王に参加してみて思った事は、

環境クランいなくね?(笑)でした。

振り返ってみると20戦近くやってむらくも、ペイル、たちかぜとは一度も対面してませんでした。

逆にいうとそれだけばらけていたと言えますね。

なるかみ、アクフォとはかなり対戦した記憶があります。

なるかみは何故か5回対面してしかも3連戦してました。


なので環境を読んでメタを張るというより自分が一番強いと思うデッキで出るのがいいかもしれませんね。







ということで長文になりましたがお付き合い頂きありがとうございました。

また機会があれば2個目の撃墜王を狙っていきたいですね。

ディメポで撃墜王出てみたいなぁって思ってる人の参考になれば幸いです。







おわり



スポンサーサイト



Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント