FC2ブログ

The raging tactics メガコロニー編

どうも、ともです。

夏の終わりが近づいてきたのか段々空気が冷たくなってきましたね。

そんなわけで虫(メガコロニー)の季節がやってきました!


今回は
・前置き
・構築とそれに対するプレイなど
・評価

の流れで書いていこうと思います。

それではよろしくお願いします。




・前置き

まずメガコロニーとはどんなデッキなのかというと、最大の特徴は安定してメインとなるG3を抱えられる点です。

それに加えて速攻性能も高さ、また相手の盤面をスタンド不能にしたりデバフを与えたりととても器用なデッキだと思ってます。

今回の新規のカードを見ると、相手のデッキ、手札に干渉するカードが多数占めており従来の構築よりもさらにテクニカルな戦術が要求されたように思えます。



・構築とプレイ

まずは構築


20190904234753f8a.png



毎度文字だけで申し訳無いです。
なんで普通の写真をアップロードできないんですかね😓



今回の軸となるのはこの人です!

201909131023147a3.jpeg




新規のVRのガンニングコレオです。


このカード、1枚で何役も仕事できる破格のカードだと思います。


まず、トリプルドライブor4枚ドライブによるアドバンテージの稼ぎ方は脅威です。
加えてプロテクトという事もあり要塞化します。
耐久力は全盛期のエンジェルフェザー並みだと思います。


次にガード制限です。
ソウルのG3をブラストする事でガード制限なんですが、ターン中のガード制限です。
G0に制限がかかったらその瞬間ゲームエンドまで行く事もあります。


LO(ライブラリアウト)
登場時に1枚ドロップ、起動効果で1枚ドロップ計2枚1人で落とします。
またその他の新規のカードも相手のデッキのカードを落とす効果が多数あるので耐久力に乗じてLO戦術を取る事も可能です。


・プレイ
これがまためちゃくちゃ難しいです😓

基本的にマンティス、ホーネットでG3を拾いにいきます。これは従来と同じです。


回収するG3の優先度ですが、
コレオ、マトゥース、スパーク=スターグ
でいいと思います。


基本の流れは、とにかくガンニングコレオに乗り続けます。
豊富なG3のサーチ手段、ドライブ増加で後続のコレオも抱えやすいと思います。


ぶっちゃけ言うと、コレオライドターンは単騎で特攻でいいですが
マトゥースとオフィサーを持ってるならコレオとマトゥースの2面でしっかり点を入れにいきます。


3面並べたいところですが、どうしてもパワーラインがダメトリ1つで黙ってしまうのでそうなるなら手札に抱えて次のターンに展開かガード値にします。

むらくものヒューガとかの全退却も喰らいたくありません。



コレオは単体ではかなりハイスペックですが、どうしても火力が出ないという局面が必ずあります。
そんな時の為のスパークヘラクレスです。


コレオに乗り続けている間はほとんどカウンターは使いません。
使ったとしてもオフィサーやステルスミリピードでカバーできます。


スパークヘラクレスを入れるならやっぱりスターグビートルは抜けません。この2枚はセットで考えていいです。


スパークヘラクレスは盤面にカードがたくさん並んでいる状況下では最高の火力が出ます。
特にアクセル環境の今(ペイルは除く)、盤面にカードがたくさん並ぶので完全以外でスパークを止めるのは非効率的です。


また仕留められなくても5000のデバフが全て入るので、要求を出そうとするあまり相手は手札から再展開、コストを払って山から展開などしなければならなくなり
そうなると要求の高いスパークヘラクレスのターン、LOプランこの2つがしっかり噛み合ってきます。



・評価
アクセル環境下の今では少し苦しい立ち位置です。

しかしながら、圧倒的な耐久の高さに加えて理不尽なゲームや高火力をぶつける事もできとてもいいデッキになったと思います。


今の環境によくいるデッキとミラー相性について



対プロテクト

ぬばたま以外は突破はほぼ不可能だと思います。

ぬばたまにはジャミョウコンゴウで抱えた札を捨てさせられるので、そうなると次のマガツ連パンは耐えられません。

ミラーマッチの場合、僕の構築だとまず☆12構築以外は負けないと考えてます。
一応、クラン名人が控えてるので詳しくは言えませんが、個別にならお答えしようと思います。
記事の最後にTwitterのリンク載せとくので気軽に聞いてください。



対フォースクラン

引8ディメポ、バミューダ、モルド軸シャドパラ

の3つですがシャドパラ以外は有利です。

デンジャーランジを有するシャドパラは完全ガードを無視出来るのでメガコロであれど受けきる事は困難です。


対アクセル

かなり厳しいです。

ペイルは盤面干渉が全く効かない、手札を使わず大量展開があるので物量で攻められると受けきれません。
ルキエが打てなくなるまで耐久できればこちらに分が上がります。


むらくもはヒューガの全除去、シラユキによる受けこの2つを乗り越えないといけません。
こちらも物量で攻めてなおかつ火力も高いので受けきるのは厳しいです。


なるかみも結構しんどいです。むらくもと同じで簡単に盤面を更地にしてしまいます。
またこちらはVが起きるので受けのタイミングをしっかり考える必要があります。



今回のメガコロはざっとこんな感じです。

長分お付き合い頂きありがとうございました。


細かいプレイや採用、非採用カードとかはTwitterのリンク貼っておくんで気軽に質問して下さい。




Twitterリンクはこちらです

@otomo1gou_mhw






おわり

スポンサーサイト



Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント